Person and Work

人と仕事

お肉屋さんの応援団として
お客様の利益に貢献する喜び

私が所属するコンサルティングチームでは、食肉スライサーをはじめとした、「なんつね」の機械を利用いただいているお客様に対して、より付加価値を高めた商品づくりを行うための提案を行っています。具体的な例としては、スライスした際に余ったお肉、あまり売れ行きが良くないお肉の有効な活用方法や、新たなお店の魅力強化策として、ソーセージやハムなどの加工を施したものづくりを行うサポートなどがあります。実際に作り方をレクチャーしたり、お客様の代行で製造を行ったりもしています。お店の経営における無駄を無くし、最新の情報を提供し、お客様の利益に貢献できるようにすることで信頼関係は高まります。

仕事の仕方や仕事への考え方が変わった


私のキャリアで転機となったのは2011年。6年目になった年。それまではとにかく仕事をこなすことに追われており、楽しいよりもキツイという思いの方が勝っていました。自分はこの会社に向いていないのではないかとさえ考えることもありましたが、そんな時、同期メンバーが考えた機械の調査(デモ機をお客様に持って行き、お客様からのヒアリングや歩留りデータを採取)や新製品提案に対する調査を行ったことがとても楽しくて、どれだけ仕事が増えてもまったく苦にならず、それどころか、どんどん意欲が増してきた覚えがあります。

毎日書く日報の中で自由に記入できるスペースがあるのですが、きっかけになるこの仕事をくれた上司二人にお礼を言いたいと思い、『こんなに心から楽しいと思える仕事を与えてもらい、ありがとうございます』と書きこんだ。それに対し上司二人も涙目になってくれたことが今でも忘れることができません。これをきっかけに自分自身の仕事の仕方や考え方が変わる年でした。その年がなければ今の自分はいなかったと思います。

自分が指導を行ったお客様から追加機械を受注


コンサルティングを始めて間もない頃、お客様から「ハムやソーセージを作って販売したい」というご相談をいただきました。元々異業種で、お肉も触ったことがないようなお客様だったため、指導期間も長期にわたりました。きちんとしたものが作れるようになるまで約2年かかりましたが、商品が売れ始め1日の製造が追いつかず、新たな機械導入を決めていただき、追加投資をしていただいたことは忘れることができません。

自分が考えた工場がベトナムに


コンサルティングに携わる前は、現在のエンジニアリング(食品工場の設計)のチームに所属し、様々な工場の設計をさせてもらいましたが、海を越えたベトナムで自分が設計した工場が作られたことは大変印象に残っています。

Q.
なんつねを選んだ理由

当時の副社長(現社長)が会社説明会で行なった「なんつね」のプレゼンテーションを聞いて、強い成長性を感じました。この社長であればこの会社は大丈夫だろうと思いました。そして、最終面接後の会食会がどこの会社よりも楽しめたことも大きかったと思います。


Q.
働いていて楽しいこと

お客様と共有できる時間が楽しい。お客様の夢を聞いてそれに対して自分は何ができるかと考えること、そしてそれが実現できたときの達成感。また、メンバーと意見を交わしながら試作品を作るとき。いろんな意見を聞くことができるのも楽しみですね。


Q.
チャレンジ、抱負、夢

コンサルティングチームで考えた商品がヒットするよう持っていくこと。お客様にとって大きな利益をもたらすことができるように新しいことを常に取り入れ、チャレンジしていきたいと思います。欧米から日本に入ってきた食文化でも、日本独自の文化へと変化し、日本人に受け入れやすく変わっていった食品も多くあります。また、アジア(特に中国)は日本の食をとても意識しています。日本で流行っているものや、おいしいと思うモノをここからアジアへ広げていきたいと考えています。

キャリアパス

○1~2年目:大阪店にてメンテナンス営業にて顧客を担当。
○3~9年目:販売グループ(マーケティンググループ)開発営業チームにて以下の業務を担当。商品カタログ・ホームページの作成、導入事例の作成、展示会企画運営、レイアウト提案、大型機提案、施 設図面設計、新製品開発の手伝い、商品提案・指導など。
○10~11年目:精肉店などのお客様への商品提案・指導、ハム・ソーセージ施設の図面設計、ハム・ソーセージ機械の提案。なんつねが経営する直営店での人材の管理、店舗運営など。

よくある1日の流れ

8:30 出社
8:50~ テストキッチンにてチェック
9:00~ 案件対応(資料作成など)、社内での対応
(時にテストキッチンでの試作や会議)
10:30~ 昼礼
11:00〜 案件対応、社内での対応
(時にテストキッチンでの試作や会議)
19:00 業務終了。帰宅